5月31日に青年部・フレッシュミズ合同焼肉交流会が行われました。昨年度まではパークゴルフも行われていましたが、今年度はフレッシュの役員さんの提案で、焼肉のみでの開催となり、産地の違う牛肉の食べ比べを行うことにより内容を充実させました。
 部長挨拶に続き、来賓としてお越し頂いた木幡専務にごあいさつを頂き、よつば、サツラク、倉島牧場の、産地の違う3種類の牛乳での乾杯でスタートしました。当日は雨ということもあり特に畑作の部員は心置きなくお酒を飲むことができ、大いに盛り上がり楽しく交流することが出来ました。
 焼肉の食べ比べについては、鹿追、士幌、芽室、豊西産の同じ部位のホルスタインの肉を食べ比べ、グループごとに話し合い産地を当てるというゲームを行いました。鹿追産以外は食べる機会が少なく、全てをぴたりと当てたグループはありませんでしたが、確かに肉の味わいの違いを感じることができました。また、部員の内海さんが持ってきた和牛に近い交雑種の肉も食べさせて頂き、一日で様々な美味しい牛肉を食べることができる、とても幸せな時間となりました。
 ただ単に焼肉をするだけではなく、食べ比べを行い、感想を言い合うことにより、同じ品種でも産地、育て方により味が違い、また人それぞれで味の感じ方も違うことがわかり、より農業者らしい交流会にすることができたと思います。

image


image